読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロー!?ゴースト(ネタバレ) /黄色いタクシーで、風をつかまえて

■「テコンV」は、愛のキューピット
一応、ネタバレ表記にはしてありますが、本作は、前情報なしでご覧になるのが一番でしょうから、未見の方はどうか気をつけてください。勘の良い方には分かってしまいますので…。

☆☆☆

ラスト20分の怒涛の展開が命!の作品です。ゆるゆるのコメディでものすごくベタなんだけど、終盤、泣けます、悔しいけど(笑)。こういった作品でネタばらしや粗筋説明は野暮なので、以下、面白いなぁと思った所を簡単に。
赤、青、黄、緑のキャラが登場しますが、それぞれの色が各パートの鍵になってるじゃないでしょうか。。赤(老人)は→エロおやじで恋の指南役、青(中年男性)は→海の色、黄(少年)は→見事大当たりを射止めた景品のべっこう飴、緑(中年女性)は→キンパ(韓国風海苔巻)の具。ほうれん草の代わりに“血をきれいにするセリ”が使われてます。
主人公の自殺願望のある孤独な青年カン・サンマン(チャ・テヒョン)の身体が生と死、現在と過去を繋いで行く。おっ!と思ったのは、べっこう飴を手に入れた移動屋台と、海の場面で、主人公の視点移動をキチンと見せておいてから→対象(移動屋台、海)と繋げていた事。彼の身体に幽霊が憑依している状態なので、誰の視点なのか−見る主体が誰なのかが重要なんですよね。幽霊は勿論の事、彼の心も同時に動いてることがよく分かります。何故それを幽霊が願ったのかが分かる頃には…そりゃ泣けるわ(笑)。劇判も絵に書いたようなベタな音で、間違いなく狙ってますよね。ココは好みが分かれそう…。あの事故映像だけは、無音状態で観たかったです。。刑事さんが張り込みするシーンの劇判は合ってて良かったんですけどねぇ。このシークエンスはライティングも好みでした。
人は孤独じゃないって事、思い出させてくれる作品です。たまにはこういうのも悪くない。お盆ももうすぐやってきます。今のうちに親孝行しておかなくっちゃ…。。

公式サイトhttp://hello-ghost.com/