読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの面白い所

はてなブックマークってなんぞや


映画とは関係ない雑談みたいなものですが、ちょっと息抜きがしたくて、脱線します(ぺこり)。

はてなのブログサービスを利用する様になって2年経った去年の秋頃、たまたま、ほんとに偶然なんですが、はてなのサービスのひとつ「ブックマーク」を知りました。
こういう事に疎いというか、興味のないことはとことん無視しちゃうので、実はよく分かってなかったんです。

はてなブックマークはオンラインにブックマークを保存する便利なオンラインブックマークツールであると同時に、そのブックマークを公開し共有することで新しい情報体験を提供する、ソーシャルブックマークサービスです。はてなブックマークを利用することで、ウェブ上の一つ一つの情報をより深く消化することができるようになり、また有用な情報をより少ない時間で見つけることができるようになります。

初心者みたいなこと書きますけど、はてなのブックマークは、そのエントリが気に入ったから付く場合だけじゃないんですよ(はてなスターがその役目を果たしてる)。「ソーシャル」であることが一番の特徴なんです。私、これが不思議で、だって各ブログ記事にコメント欄があるのに、そこに書き込まずに(コメント欄を閉鎖している所は別として)、はてなユーザーさんはブクマ上にコメントを残すんです。で、そのコメントを巡って、別のユーザーさんがブコメしたり、ブログ記事に取り上げたりで、最初のエントリが波紋となって拡散していく、面白い現象が起きます。このブコメがとっても面白い。この事に気づいたのは「サード・ブロガー論」を巡ってあちこちで話題になってた頃で、ブコメマニアというかブコメのプロみたいな方が一定数生息してらっしゃるのが、はてなの魅力だったんですね、もっと早く知ってれば…。
中にはキツいブコメもあって、気の弱い人なら立ち直れなくなるんじゃないかとヒヤヒヤする事もありますが、直接関係のない第三者の気軽なポジションから眺めていると、このブコメの多様な意見が、SNSなんかの閉じた馴れ合いよりはるかに風通しを良くしてるんですよ。
ブコメマニアさんが支えてるはてなの面白さは、今後も残っていって欲しいものです。私はまだブックマークを使いこなせる自信も、そもそもその資質もなさそうなので、当分の間は外野で愉しんでます、というか、面白い記事を発掘して下さる目利きさんを探すという愉しみ方もできるので、コッチの方が私には向いてそう。。


あまりプライベートな事を記事にするのはちょい苦手な方で迷ったんですが、離れて住んでいる実母が現在入院中(圧迫骨折なので、命にかかわることではないんです)で、病院と自宅を行ったり来たりしています。退院後の受け入れ態勢の事もあってケアマネさんとの打ち合わせも多く、リハリビの成果次第ではいろいろ大変になりそう…。そういうわけで、観たい映画が目白押しのこの時期にも拘らず、レビュー本数がただでさえ少ない上に、もっと減りそうです。一応の目途が立てば、落ち着いて楽しめるようになるでしょうけど、今は映画を観ても、半分上の空になっちゃいそうで…。それでも、大好きなアレクサンダー・ペイン監督の新作『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』は絶対に観ます!
いつも訪問して下さる方に一言伝えておきたくて書きました(ぺこり)。